保証期間が長いと寿命が短くても安心!!サイズのチェックも必要!!


一定期間の保証が付いているタイプ

家電製品には保証が付いているものが多いです。1年保証や半年保証などがあり、その期間に故障などをすれば無償で修理や交換をしてもらえます。製品の中には初期不良が発生するものがありますが、その対応になるでしょう。LED電球は本体自体は非常に高いですが、電気代が節約でき、長期的に利用できるとされています。しかし、実際に使うと白熱電球よりも短い寿命で切れてしまうときがあります。電気代が節約できるとしても、高い電球代が無駄になってしまうでしょう。そこでLED電球の保証期間をチェックするようにしましょう。大手メーカーの中には、数年間の保証をつけているところがあります。その間に切れたときは、新しいものに交換してもらえます。

サイズをチェックして購入する

一般的な白熱電球を購入しようとすると、特にサイズなどを選んだりはしないかもしれません。実際にはいろいろなサイズがあり、照明の専門店やホームセンターに行くと小さいものがたくさん売られています。LED電球を買うときにもサイズを調べる必要があります。口金と呼ばれる部分の直径によって異なっていて、一般的にはE26と呼ばれるタイプを購入すれば問題ないでしょう。一方E17と呼ばれるタイプもあり、こちらはE26よりも小さいサイズになります。そのためそのまま取り付けられません。E17の電球をE26の装置で使えるようにするアダプターがあるので、使えないわけではありません。E17だけしかないと何となく合いそうに感じるので注意しないといけません。

ledパネルとは、パネルにLEDチップを配した光源のことです。開閉式のフレームを使用することで簡単にデザインを交換することができ、省エネかつ長寿命という特徴があります。